Well-Being

ウェルビーイングとは

ウェルビーイングって一体何?

上記の疑問にお答えします。

ウェルビーイングの定義

肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること。

日本WHO協会

ただ病気や怪我がなければというわけではない。ここには、心のケアも含まれる。ポジティブな感情を持ち続けるということも含まれるのだ。

ポジティブな感情も様々だ。満足感や、自分がやっていることに対しての意義や目的意識、ストレスへの向き合い方、コミュニティへの繋がり意識など 多様である。(1)

ウェルビーイングを改善することはできるのか?

改善するために、必要なスキルは沢山あり、それを身に付けることができる。 (1)

今まで、健康に気をつけるというと、運動と食事といった、身体的な部分が中心だったが、ウェルビーイングは身体のケアはもちろん、心のケアも含まれる。

体と心双方をケアできる技術を身に付けることで、満たされた人生を送ることができる。

ウェルビーイングは自分の”思考”、”行動”、”経験”からくるものだ。(1) だから自分次第で、ウェルビーイングを改善することはできる。

5つのウェルビーイング

ウェルビーイングには主に5つのウェルビーイングがある。

  1. 感情的:ストレスにうまく向き合い、良い方向に転換できるスキル。
  2. 身体的:運動や食事などを通して、身体的に良好であり続けるスキル。
  3. 社交的:コミュニケーションスキルを持ち、他者と意義のある関係性を保ち、孤独に打ち勝つためのネットワークを維持し続けられるスキル。
  4. 仕事環境:仕事・ビジネス面で、関心、目的、ビジョンを常に追求し続けるスキル。
  5. 社会的:コミュニティや文化、環境に積極的に参加し続けるスキル。

参照:What Is Well-Being? Definition, Types, and Well-Being Skills

5つのウェルビーイングを改善するためのスキルは?

感情的なウェルビーイングのスキル

ポジティブシンキングや、マインドフルネスなどがここに当てはまる。(1)

身体的なウェルビーイングのスキル

定期的に運動すること、健康的な食事をとること、加工食品を避けること、健康、自分たちの身体についてもっと学ぶことなどが当てはまるだろう。

社交的なウェルビーイングのスキル

感謝できるスキル、意義ある社会的な繋がりを作るスキル、そしてテクノロジーを使って、関係性を維持するスキルを身に付けることが大事だという。(1)

仕事環境のウェルビーイングにおけるスキル

仕事における目的意識を発見するスキル、そしてワークライフバランスを保つスキルが大切だという。(1)

社会的なウェルビーイング

環境を守るための方法を知る、繋がりの強いローカルコミュニティを一緒に作っていく、文化への寛容性を持つなど、スキルをみにつけることで、自分自身が偉大な何かとつながっている様な感覚をもてることが大事だという。(1)

自分の中で価値感を持つこと、プラスチックフリーの生活を送ること、他者にポジティブな影響を与えること、思いやりを持つこと、こういったことが一例としてあげられる。

まとめ

ウェルビーイングは肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることを良い、感情的、身体的、社交的、仕事環境、社会的の5種類のウェルビーイングがある。

ウェルビーイングは改善することが可能で、スキルを身に付けることで、ウェルビーイングを改善していくことができる。

一過性の幸せに目を奪われるのではなく、継続的に満たされた、価値ある時間を送るための良い概念だ。

-Well-Being

Copyright© Snow Notes , 2020 All Rights Reserved.