Nature

世界の人口と環境問題について

2020-05-22

人口増加と環境問題には密接な関係があることをご存知だろうか。

人口が増え、沢山の命が生き残れるような社会に変化することは、喜ばしいことである。しかしそのことが環境問題につながっていると考えると、環境問題とはなんとも複雑な問題だと改めて実感できるようになる。

人口と環境問題にどのような関係があるのか、みていく。

今回は、下記の本といくつかウェブサイトを参照した。

人口と環境問題の関係性

そもそも人口が増えると環境にどう影響するのか?

人類は生産・消費活動によって、資源を採取し、温室効果ガスや廃棄物を排出し、環境に負荷を与えている。

なので一般的に考えれば、人口が増加すればその分生産・消費活動は増加し、環境の負荷も重くなると考えられる。

現在の世界の人口

では実際に世界の人口はどのように変化しているのだろうか?

出典:Our World in Data

Our world in Data」のデータによると、1700年に6億人、1928年には20億人を超え、2011年には70億人を突破した。

物凄いスピードで人口が増えている。

出典:Our World in Data

人口は物凄いスピードで増えているものの、人口増加率は世界全体では低下している。

しかし増加率が高い地域もあり、アフリカ諸国では人口増加率が高くなっている。

増加率は落ちてはいるが、まだまだ人口は増えていくため、自然環境の保全や、資源・エネルギー問題、食料問題などに取り組む必要がある。

都市化と環境問題

Photo by Alexander Schimmeck on Unsplash

本書によると、都市部居住者の人口が2014年には世界人口の54%をを占め、39億人が都市地域に居住しているという。

急速な都市化が発展途上国で見られている。

急激な都市化によって何が問題になるのか?

下記のような問題点が例として挙げられている。

  • 大量の廃棄物・生活排水の発生
  • 廃棄物の不適切な処理によって起きる周辺住民への健康被害
  • 発展途上国で自動車など乗り物の普及による交通混雑や二酸化炭素排出の増加

人口増加に対して対策を考えるべきなのか?

Photo by Rob Curran on Unsplash

人口抑制という複雑なトピック

では人口抑制に対して何か対策を考えるべきなのか?

ここはとてもデリケートなトピックだ。

そもそも人口増加を抑えることが本当に効果的なのだろうか。

「世界の人口は多すぎなの? 専門家に聞いてみた」では、世界人口を考えるより他の解決策を考える方が効果があるという意見が多い。

また、人口抑制に関して話すときは、生殖に関する基本的人権、家族観、文化的価値観、経済など、様々な論点が加わることになる。

宗教によっては避妊はよくないとする宗教もあるし、人口抑制のトピックは全体主義国家による一人っ子政策や強制堕胎、強制不妊化、ジェノサイドといったイメージを想起させてしまう。(1)

また、経済面から言えば、多くの経済学者は、人口増加が鈍化すれば、若い労働者の経済参入が減少し、社会政策の実施や政府の資金調達が難しくなるだろうと主張している。(1)

そもそも子供を産んで何が悪いのか?女性全員ではないとは言え、子供を持つことを幸せに思う女性は多いだろう。

こういった点から、人口抑制というトピックはとてつもなく複雑になっている。

人口変動の未来はどうなるのか?

人口変動についての分かりやすい動画。ナレーションは英語だが、日本語翻訳がついている

上記の動画で、人口変動にはパターンがあるということを説明してくれている。

  1. 劣悪な環境での多産多死
  2. 生活環境・医療環境の改善による人口爆発
  3. 出生数の減少
  4. 人口増加がとまる

まず劣悪な環境で生活しているときは、子供は小さいうちに死んでしまう確率が高かったので、沢山子供を産む必要があった。

生活環境、医療環境が整い、生存率が高くなると、子供を沢山産む必要がなくなり、出生率が下がる。

そして人口増加が止まるというサイクルだ。

動画によればこのサイクルの進み方は国によって違えど、どの国も同じサイクルを辿ると述べている。

また、人口増加はいずれ止まり、国連の予測では人口は120億人は越えないとの予測も出ている。

日本で起きる課題は?

厚生労働省:長期的な人口推移

人口増加で起きる問題もある反面、日本は人口減少によって起きる問題が多そうだ。

厚生労働省の図によると、2008年には1億2808万人とピークに達し、そこから減少が続いていく。

本書によると、この人口減少により、下記の問題が発生すると予想している。

  • 地方の里地里山の管理の担い手不足による環境保全上の問題
  • 限界集落の問題

まとめ

現段階では人口は増え続けているが、国連の予測では人口は120億人は越えないという予測が出ている。

考えるべきところは、如何に人口を抑えるかではなく、120億人のピークに達した時に持続可能な社会の仕組みを作れているかどうかというところだろうか。

そのためにはサイエンスの進歩はもちろん、ビジネスの転換、ライフスタイルの転換も必要になってくる。

また、動画のサイクルの話を踏まえて考えると、人口減少により起きる問題は日本だけでなく、これから先進国全てに起きる問題だろう。

コミュニティの変化も考えるべきポイントになる。

今回の環境問題を含め、環境の全体像に関して、下記の記事にまとめた。


-Nature