snownotes.org は上村祥太郎が運営しているウェブログです。

[雪国・里山の暮らし]

2021年の10月から地域おこし協力隊を通じて新潟県十日町市松之山黒倉に移住し、松之山の地で自然と寄り添う生活を通じて里山・雪国文化、 発酵食をはじめとする日本の食文化、自然環境、中山間地域での農業など、暮らしを通じて学んだことを発信しています。歴史やサイエンスを絡めて暮らしを紐解いていくことで、 今後地方でどのような価値を創ることができるのか、豊かな暮らしとは何かを探っていきます。

[雪遊び]

雪の上を滑るという行為は大昔から行われていました。スキーの発祥は狩猟の為の移動から始まったとも言われ、スノーボードの起源はSnowとSurferが組み合わさり、 雪上でのサーフィンをイメージしてSnurferから生まれたともされます。人は生きるために、そして楽しむために雪の上を滑りました。 今日ではこうしたスノースポーツから様々なアートや物語が生まれ、人々に情熱を与え、スノー業界として様々な雇用が生まれ、コミュニティとして繋ぐ役目を果たし、人々の暮らしを豊かにしたといえます。 ここでは豪雪地帯にいるからこそ身近な、雪やスノースポーツを探求していきます。

[異なる視点でみる暮らし]

日々の暮らしのちょっとしたことを、長期的な目線でみてみたり、全体像を把握してみたり、深掘りしていき、様々な視点で暮らしをみつめていきます。

[テクノロジー]

テクノロジーは人々の暮らしを劇的に変えています。これは都会、雪国場所を問わず共通しています。実際にテクノロジーが進歩することで、 私もこうして自分が伝えたい情報を世界中に伝えることができます。雪国の暮らし、地方の未来を考える上でテクノロジーを考えることは不可欠です。このメディアではテクノロジー関連で今まで試してきたことや役立つ情報を共有しつつ、 どのように地方の暮らしに新しい変化を及ぼすかを探っていきます。

[SNS]

[e-mail]

shotaro.kamimura@gmail.com

Contact Form