[HTML/CSS] .containerの役目について整理

ホームページ作成

# #

container(コンテナ)とは何か。containerはどんな役割を果たしているのか。

ウェブサイトの横幅調整などでよく使われるHTML/CSSの.containerの役目について整理する。


.containerの役目はコンテンツの幅を調整すること

.containerをつけることで、コンテンツの横幅を調整することができる。

Containerによって、全体のウェブサイトのコンテンツの幅を調節することができ、整ったウェブサイトに仕上げることができる。

逆にContainerがないと、画面の左端から右端まで画像や文字などがよってしまうので、とてもみにくいウェブサイトになる。

.containerの役目について整理


横幅を狭めたければ、.containerのwidthを狭める。

.containerの役目について整理

こうして、containerの中でどんなレイアウトを作っても、Containerによって全体の横幅を調整することができる。


.containerで横幅調整をするメリットは、一括で調整できること

それはどのdivクラスでも横幅調整できるのでは?と思うかもしれない。

containerをあえて作る意味としては、全てのセクションでの横幅を一括で調整できるというものだ。

下のウェブサイトイメージでは、3セクション作るとする。

.containerの役目について整理

HTMLで下記のような構造を作るとする。

<div class="wrapper-1">
  <div class="container"></div>
</div>
<div class="wrapper-2">
  <div class="container"></div>
</div>
<div class="wrapper-3">
   <div class="container"></div>
</div>


実際、wrapperの部分をいじっても、横幅調整はできる。

ただ、その場合は、上の写真だったら、wrapper1, wrapper2, wrapper3で三回分調整をしないといけない。

.wrapper1{
width:〇〇%;
}
.wrapper2{
width:〇〇%;
}
.wrapper3{
width:〇〇%;
}

というように一つづつ書くよりも、

.container{
 width: 〇〇%;
}

でまとめてしまった方が、管理も楽だし、「このセクションだけ横幅がずれてる」というような心配もない。

カラムについての関連記事

カラムについて他の記事も書いた。


全体像を把握する

下記にHTMLとCSS、Javascriptを使ったwebサイトの作り方についての記事をまとめた。


HTMLとCSS、Javascriptを使ったwebサイトの作り方まとめ

続きを見る


また、コンピューターについての全体像も把握しておくと、web制作の理解にも役立つ。


コンピューターサイエンスとITの全体像

続きを見る


Related posts