[Java / JSP] 暗黙オブジェクトとは

Java

#

暗黙オブジェクトについて整理。


暗黙オブジェクトとは

JSPページ内で、変数の宣言を行うことなく、使用することができるオブジェクト。

webページ構築に機能が特化されており、全部で九種類ある。


暗黙オブジェクト九種類

以下、暗黙オブジェクト九種類。


1.out

実装クラス:javax.servlet.jsp.JspWriter

ユーザーに情報を出力。


2. request

実装クラス:javax.servlet.http.HttpServletRequest

ユーザーからのリクエスト情報を処理


3. response

実装クラス:javax.servlet.http.HttpServletResponse

ユーザーへのレスポンス情報を処理

リクエストとレスポンスに関しては、別記事で整理した。


4.session

実装クラス:javax.servlet.http.HttpSession

ユーザーのリクエスト間のセッション管理

セッションに関しては別記事で整理した。


5. exception

実装クラス:java.lang.Throwable

例外のエラー


6. application

実装クラス:javax.servlet.ServletContext


7. pageContext

実装クラス:javax.servlet.jsp.PageContext


8. config

実装クラス:javax.servlet.ServletConfig


9. page

実装クラス:java.lang.Object


全体像を把握する

下記にJavaやwebアプリケーションについての記事をまとめた。


Javaでwebアプリケーションを作る

続きを見る


コンピューターについての全体像も把握しておくと、プログラミングのさらなる理解に役立つ。


コンピューターサイエンスとITの全体像

続きを見る


Related posts