Technology

MR (複合現実) デバイス、Hololens2でできること

Microsoft社が開発したMR(複合現実)のデバイス、Hololens2を使うと何ができるのか?

従来のコンピューターやスマホと比べてどのように操作方法や機能が異なるのか解説する。


HoloLens2とは

HoloLens2とは、Microsoft社が開発したMixed Reality(複合現実)を実現するデバイス。

このデバイスによって、現実世界の情報を取り込み、立体映像として現実世界に重ね合わせて表示させることができる。

Hololens2はパソコンなど外部機器と接続なしで、ワイヤレスで使用することができる。

MRに関してはこちらで詳しく書いた。

no image
Mixed Reality (複合現実)とは?

続きを見る


機能や性能

hololens2のデモ動画がある。デモ動画では、操作方法含め、未来のコンピューターがどのような形になるのかを示してくれている。

Microsoft Business Applications TV - Microsoft HoloLens 2 Demo - Mobile World Congress 2019 (Julia Schwarz)より。


ジェスチャーで立体映像を操作

MR (複合現実) デバイス、Hololens2でできること
Microsoft Business Applications TV - Microsoft HoloLens 2 Demo - Mobile World Congress 2019 (Julia Schwarz)

hololens2ではジェスチャーによって立体映像を触るようにして操作している。

立体映像をつまむような動作で、回転させたり、縮小・拡大させたりといった操作をしている。

また立体映像の位置も指で摘むような動作で動かし、好きな場所に配置している。

音声でもアプリを操作

MR (複合現実) デバイス、Hololens2でできること
Microsoft Business Applications TV - Microsoft HoloLens 2 Demo - Mobile World Congress 2019 (Julia Schwarz)

音声でもアプリを操作することができる。

動画では、ブラウザに対して「follow me」と声をかけることで、ブラウザが一定の場所についてくるデモを披露している。


ボタンやスライダーなど様々な方法でインタラクション

MR (複合現実) デバイス、Hololens2でできること
Microsoft Business Applications TV - Microsoft HoloLens 2 Demo - Mobile World Congress 2019 (Julia Schwarz)

コンピュータの操作に関しても、様々な部品が用意されているようだ。

例えば動画ではつまみをつかんでスライダーを動かしたり、ボタンを押したりなど、コンピューター操作でより現実世界に近いような動かし方ができるデモを披露している。

動画ではピアノを弾く場面も。Hololens2が10本の指をしっかりと認識していることが分かる。


アイトラッキング

MR (複合現実) デバイス、Hololens2でできること
Microsoft HoloLens 2 Demo - Mobile World Congress 2019 (Julia Schwarz)

Hololens2はアイトラッキングの機能がついていて、目の動きだけで操作もすることができる。

動画では、アイトラッキングでブラウザを動かすデモを行っていた。


公式サイトで公開されているHoloLens2の技術仕様

公式サイトでは、下記のように技術仕様が公開されている。

ディスプレイ:

光学シースルー ホログラフィック レンズ (導波路)
解像度2k 3:2 light engines
ホログラフィック密度2.5 k 光点 (ラジアンあたりの光点)
アイベースのレンダリング3 次元での目の位置に対するディスプレイの最適化

センサー:

ヘッドトラッキング4 台の可視光カメラ
アイトラッキング2 台の赤外線カメラ
深度1-MP ToF (Time of Flight) 深度センサー
IMU加速度計、ジャイロスコープ、磁力計
カメラ静止画 8-MP、1080p30 ビデオ

オーディオと音声:

マイクロフォン アレイ5 チャネル
スピーカー空間音響を搭載

人間の動きの把握:

ハンドトラッキング両手完全連動モデル、直接操作
アイトラッキングリアルタイム追跡
音声オンデバイスのコマンドとコントロール、インターネット接続を利用した自然言語
Windows Hello虹彩認識によるエンタープライズグレードのセキュリティ

環境認識:

6DoF トラッキング世界規模の位置追跡
空間マッピングリアルタイム環境メッシュ
Mixed Reality キャプチャホログラムと物理環境の複合写真、複合ビデオ

コンピューティングと接続性&:

SOCQualcomm Snapdragon 850 コンピューティング プラットフォーム
HPU第 2 世代オーダーメイド ホログラフィック処理装置
メモリ4 GB LPDDR4x システム DRAM
ストレージ64-GB UFS 2.1
Wi-FiWi-Fi: Wi-Fi 5 (802.11ac 2x2)
Bluetooth5.0
USBUSB Type-C

サイズ

シングル サイズ
メガネの上に装着可能
重量566 g

ソフトウェア:

  • Windows Holographic Operating System
  • Edge
  • Dynamics 365 Remote Assist
  • Dynamics 365 Layout
  • Dynamics 365 Guides
  • 3D Viewer ・OneDrive for Business

処理能力:

バッテリー駆動時間2 ~ 3 時間 (連続使用の場合)
充電USB-PD (急速充電の場合)
冷却パッシブ (ファン非搭載)
リチウム電池搭載詳細情報を見る >


活用事例

上記のような機能を活かして、様々なビジネスでの活用事例が生まれている。

事例の動画はこちらでまとめた。

no image
Mixed Reality (複合現実)とは?

続きを見る


まとめ

HoloLens2とは、Microsoft社が開発したMixed Reality(複合現実)を実現するデバイスで、hololens2によって、立体映像をつまんで回転・縮小・拡大などの操作ができたり、スライドやボタンを現実世界と同じような形で操作できたり、音声や目の動きでコンピューターを操作することができる。

-Technology