Technology

コンピュータのネットワークとは?

コンピュータのネットワークとは何かを説明する。

ネットワークの構成要素やLAN、WANなどのネットワークの種類を説明する。

また、ネットワークの情報のやり取りの仕組みを、プロトコルを通してみていく。「TCP/IP」を例にして、解説。


ネットワークとは

ITシステムの中では、ネットワークとはコンピュータが相互接続された状態のことを指す。


コンピュータネットワークの構成要素

コンピュータのネットワークとは?

ネットワークは次の三つで構成される。

  • コンピュータ(パソコン、スマホ、サーバーなど)
  • ネットワーク機器(ルーター、スイッチ、ハブなど)
  • 伝送媒体(有線LAN(LANケーブル)、無線LAN(WIFI)など)


コンピュータ

コンピュータのネットワークとは?

コンピュータの種類は普段個人が使っているパソコン(パーソナルコンピュータ)やスマホ、またサービスを提供する側のコンピュータ(サーバー)などが挙げられる。


ネットワーク機器

コンピュータのネットワークとは?

ネットワーク機器は、データを送るための機器であり、「ハブ」「スイッチ」や「ルーター」などがある。


伝送媒体

コンピュータのネットワークとは?

コンピュータとネットワーク機器を繋げる役割を果たす。

「LANケーブル」や「無線電波(WIFI)」などがあげられる。


ネットワークの種類

ネットワークの種類は、大きく分けて三つある。

  • LAN (Local Area Network)
  • WAN (Wide Area Network)
  • インターネット


LAN (Local Area Network)

コンピュータのネットワークとは?

LAN (Local Area Network)は、限られたエリアの中で接続されているネットワーク。

会社内のみで繋がれているネットワーク、学校内のみで繋がれているネットワークなど、繋がれている範囲は限定される。


WAN (Wide Area Network)

コンピュータのネットワークとは?

WAN (Wide Area Network)は、LANとLANを繋げるためのネットワーク。

例えば本社のLANと支社のLANを繋げるというような時に使える。

LANよりは広範囲のネットワークだが、世界中の全員が使えるわけではなく、アクセスできる人は制限される。

例えば会社の例であれば、本社と支社の人は会社のWANにアクセスできるが、その他の人はアクセスできない。


スマホもWANで繋がれている

スマホでよくみるLTEや4G, 3GといったものもWANの種類に入る。


インターネット

コンピュータのネットワークとは?

インターネットは世界中のコンピュータを接続するネットワーク。

インターネットを利用するために、ISP(インターネットサービスプロバイダ)と契約することで、インターネットに接続することができる。


ネットワーク内のデータやり取りの仕組み

ネットワークでデータのやり取りをするときは、これまで紹介したコンピュータ、ネットワーク機器、伝送媒体を使い、「プロトコル」というルールに従い、データ送受信を行う。


プロトコルとは

プロトコルはデータのやり取りなど、通信するためのルールのこと。

代表的なプロトコルとして、「TCP / IP」がある。


TCP / IPの全体像

TCP / IPは4層に分けられ、データを送る際は「4→3→2→1層」という順番で送られる。

逆に受け取る時は、「1→2→3→4層」という形でデータを受け取る。

TCP/IPモデルPCでの処理規格(プロトコル)主な利用例
4層アプリケーション層通信アプリケーションプログラムHTTPS / FTP / SMTP / POP / SSH / DNSなどWebサイト閲覧、メールの送受信、ファイル転送など
3層トランスポート層OSTCP信頼性を重視したデータ送受信
2層インターネット層OSIPデータを指定された場所へ転送
1層ネットワーク
インターフェイス層
デバイスドライバ / NICEthernetLAN


アプリケーション層のプロトコル

コンピュータのネットワークとは?


HTTPS

HTTPSは「「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略。

ウェブサイトの文字や画像、動画などのデータをサーバーと利用者の端末間でやり取りするときに使われる。


FTP

FTPは「File Transfer Prtocol」の略。

サーバーと利用者の端末間でファイルを送受信するときに使われる。

主にFTPソフトというツールが使われる。

no image
[WordPress]FTPソフトとFTPサーバーとは?使い方も合わせて紹介

続きを見る


SMTP/POP

SMTPとPOPはメールの送受信で使われる。

SMTPは「Simple Mail Transfer Protocol」の略で、メールの送信の時のルール。

POPは「Post Office Protocol」の略で、メールの受信の時のルール。


SSH

SSHは「Secure Shell」の略。

ネットワークで接続された機器を安全に遠隔操作するために使われる。


DNS

DNSは 「Domain name system」の略。

DNSはドメイン名をIPアドレスに変換する役割を持つ。

IPアドレスに変換する理由は下記に書いた。

webサービス・webアプリケーションの仕組みの大まかな流れ

続きを見る


トランスポート層のプロトコル

コンピュータのネットワークとは?

トランスポート層のプロトコルにはTCPが挙げられる。

TCPは「Transmission Control Protocol」の略。

データを転送するときに使われる。

TCPは転送速度は遅いが、安全性を保ちながらデータを送るという特徴がある。

具体的な役割としては、インターネットで通信する時は必ずデータの送信が成功するわけではないので、TCPがデータ通信に成功した時、届いたことを知らせる仕組みを持っていたり、データ送信に失敗した場合も再送する仕組みなどがある。


インターネット層のプロトコル

コンピュータのネットワークとは?

インターネット層のプロトコルの代表例にIP(Internet Protocol)がある。

IPは「IPアドレス」を利用し、データを届けるために使われる。

IPの役割は主にデータを届けるための経路を決めるのに使われるので、TCPのような安全性を確保するための機能はない。


ネットワーク・インターフェース層のプロトコル

コンピュータのネットワークとは?

EthernetプロトコルはLANに使用されるプロトコル。


-Technology