Snow

フリーライドスキー・スノーボードの最高峰、フリーライドワールドツアー(FWT)とは

フリーライドワールドツアーって何?何を競う大会なの?

上記の疑問にお答えします。

フリーライドワールドツアーとは

Freeride World Tourとは、スキー場のような整備されているコースではなく、整備されていない、自然のままの地形を楽しむ「フリーライド」の世界大会。

1996年にアラスカ、スイスと始まっていき、現在では予選なども合わせて180以上のイベントが開催されている。

日本でもFWTが白馬で開催され、予選の位置付けである、Freeride World Qualifier (FWQ)も北海道、新潟、白馬にあるスキー場で開催されている。

どんなルールなの?

FWTで決まってるのはスタート地点とゴール地点のみ。その二つをちゃんと通ればどこを通っても良い。

その中で、採点基準に沿って選手の滑りがチェックされる。

特徴的なのは、そのコース内で事前滑走ができないということ。

なのでライダー達は目視だけでコース、地形、雪のコンディションを判断し、自分に合ったラインを選ぶ必要がある。

またもちろんその場での柔軟性・適応力も試されるし、恐怖心との戦いもある。

自由な滑走だからこそ試されるスキルを競い合う。

採点基準は?

FWTの採点基準は5つに分かれている。

  1. ラインの難易度:コースのライン取りのオリジナリティ。
  2. コントロール:転倒したり、バランスを崩さず滑るコントロール。
  3. 流動性:選んだラインをスムーズに滑れたか。横移動したり、登って逆登りしたり、ジャンプの前で準備で止まってしまうと減点。
  4. ジャンプ:ジャンプの大きさ、トリック、着地など。
  5. テクニック: アルペンスキーや基礎スキーで言われるスキーの技術。

参照:https://freerideworldtour.jp/

この大会の参加基準は?この大会にはどうやったら参加できるの?

FWTは基本的にポイントランキング制になっていて、世界ランキングトップ50人だけがFWTに出場することができる。

この予選として、Freeride World Qualifier (FWQ)が行われる。

大会のレベルは 1- 3スターでレベルごとに分かれていて、こちらのウェブサイトから申し込みが可能だ。

また、10歳以上17歳以下向けに、Freeride World Juniour(FJT)も開催されている。

FWTで活躍している日本人選手は?

現在世界を相手に活躍している、日本人選手を一部紹介。

楠 太輔 (Taisuke Kusunoki)

佐々木 悠 (Yu Sasaki)

小野塚 彩那 (Ayana Onozuka)

浜和加奈 (Wakana Hama)

まとめ

フリーライドワールドツアーは、フリーライドの世界大会。事前滑走なしで目視だけでコースを定め、自分のラインを滑る。この大会はポイント制で、FWTは上位50名が参加できるが、予選もあり、Freeride World Qualifierは誰でも参加が可能。世界で活躍してる日本人選手もいる。

-Snow

Copyright© Snow Notes , 2020 All Rights Reserved.