大地の芸術祭とは 越後妻有の里山が舞台の国際現代美術の祭典

里山・雪国の暮らし

# # # # #

撮影作品:「憧れの眺望」/エステル・ストッカー

十日町市には里山を舞台にしたアートフェスティバル、「大地の芸術祭」がある。大地の芸術祭とは一体なんなのだろうか。そしてアートは地方にどのようなパワーをもたらしているのだろうか。


大地の芸術祭とは

大地の芸術祭 Echigo-Tsumari Art Triennaleは、越後妻有の里山を舞台に3年に一度開催される国際現代美術の祭典。「人間は自然に内包される」を基本理念とし、アートを通じて里山の自然や文化を掘り起こし、地域・世代・ジャンルを越えた人々の協働・取り組みを通して様々な化学反応を起こしていく地域創生の取り組みでもある。

どんなコンセプトなのか?公式サイト上には以下のようにコンセプトが紹介されている。


1.人間は自然に内包される

2.アートを道しるべに里山を巡る旅

3.世代、地域、ジャンルを超えた協働

4.あるものを活かし、新しい価値をつくる

5.ユニークな拠点施設

6.生活芸術

7.グローバル/ローカル

ECHIGO-TSUMARI ART FIELD 概要


大地の芸術祭の舞台「越後妻有」


越後妻有は新潟県の十日町市と津南町を総称する名前であり、世界でも有数の豪雪地帯。この雪深い地から縄文文化が発展し、約5,000年前の縄文中期には火焔型土器が生み出され、国宝にも指定されている。

中山間地域でもあるため、稲作のために山の地形を利用して棚田を耕し、冬は高い湿度を利用して機織りも行い、独自の文化が生まれてきた場所でもある。

戦後の高度成長期やバブル期には東京一極集中が進み、他の多くの地方と同じく高齢化や過疎化が進むものの、大規模な施設の開発などが無かったために、昔ながらの里山の暮らし・原風景が残されている。


大雪の原因 なぜ日本海側では雪が沢山降るのか

続きを見る

中山間地域とは何か 定義と役割

続きを見る


地域に溶け込んでいくアート

アートを通じて地域・世代・ジャンルを越えた人々の協働・取り組みが生まれていくのが大地の芸術祭の特徴でもある。

  • 作品作り・作品維持に地域住民が参加
  • 地域のおもてなしを来場者に提供
  • 「こへび隊」という芸術祭を支えるサポーター達が都内、海外からも加わり、芸術祭の作品制作のサポートや来場者への案内、地域活動を支援

こうしてアートを媒体にして、地域住民、サポーター、アーティスト、来場者間で交流が生まれていく。こうした交流から化学反応のように面白い活動が地域内でどんどん生まれていく。


大地の芸術祭の効果

アートによって里山の魅力が掘り起こされ、アートを媒介に人と人とのコミュニケーションが活発になっていく効果が挙げられる。

例えば以下のような例がある。(1)

  • 交流人口の増加と地域ビジネスの創出 :わずか5軒の集落に1万人を超える人たちが訪れるようになり、地域のおかあさん達による農家レストランが人気を博す例も生まれる
  • 住民同士、来訪者、諸外国との連携機会拡大 :芸術祭で知り合った住民同士も多く、駐日外国大使館との交流も生まれている
  • デザイン性の高い商品の創出とブランド化
  • 地域の誇り醸成と移住者の増加


大地の芸術祭の参加集落数や作品数も着々と増え、来場者数も年々増え、経済的な効果としても現れている。


開催年入込客数参加集落会期中作品数
2000年(平成12年)162,800人28集落146作品
2003年(平成15年)205,100人38集落224作品
2006年(平成18年)348,997人67集落329作品
2009年(平成21年)375,311人92集落365作品
2012年(平成24年)488,848人102集落367作品
2015年(平成27年)510,690人110集落378作品
2018年(平成30年)548,380人102集落378作品
十日町市 「今までの大地の芸術祭の記録の紹介」より参照


継続への課題

良い効果もある一方で、今後の継続への課題も残されている。(1)

  • 安定的な財源の確保(助成や寄付協賛、自主財源)
  • 作品の維持管理・改修(多くの作品、多額の維持費)
  • 地域全体への波及(地区によって大きい温度差)
  • 受入体制の整備(二次交通や案内、インバウンド)


参照:
(1) 特集2 アート(文化芸術)によるまちづくり 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ


Related posts