世界有数の豪雪地帯、新潟県十日町市松之山の積雪量・降雪量を写真で振り返る

里山・雪国の暮らし

# # # # # #

新潟県十日町市松之山は世界有数の豪雪地帯であり、雪と共に人々は暮らしている。実際豪雪地帯にはどの程度雪が降るのだろうか?どんな景色の変化が見えるのか?ここで写真で2021-2022シーズンを振り返りつつ、写真で振り返っていきたい。



令和3-4年冬の観測データ

データは十日町市市役所の「令和3〜4年冬の雪情報」より参照した。(松之山主観測所 [松之山支所庁舎] 標高:360mでの観測)平成18年度まで日毎の積雪量のデータを遡ることができたので、下記のグラフで比較している。


令和3〜4年冬の雪情報」「過去の雪情報」を参照して作成


青のグラフが2021 - 2022年の積雪量であり、グレーのラインは2007 - 2008, 2008 - 2009の積雪量というように過去の1年毎の積雪量をグラフに表している。21-22シーズンは最高積雪は2月後半の412cm。

この積雪を写真で振り返ってみる。


11/26 - 12/6の積雪量

松之山についに雪が降り始める。根雪になる前の最初の初雪のような形で降り始めた。田んぼにはうっすら雪がつもり、いよいよ冬がやってきた、というような気持ちになる。

11/26 - 12/6の間は観測上は最高でも10cmほどの積雪量であり、根雪にならずこの時の雪は全て溶けてしまった。


2021/11/28の松之山黒倉の田んぼの様子。田んぼがうっすら雪で白くなり始める。


2021/12/2に除雪隊が初出動する。観測上ではこの時に積雪深10cmほど。


2021/12/2「大地の芸術祭」の黒倉の作品の舞台となるつんねの家の様子。うっすら雪が積もっている。


12/17 - 12/25の積雪量

12/17からまた雪が降り始め、ここから松之山では根雪になっていく。この期間では観測上12/20がピークで50cmの積雪量になった。

田んぼもある程度白くなり、銀世界になり始める。


2021/12/20の黒倉の田んぼの様子。この頃には観測上50cmの積雪があり、だいぶ白くなってきた。


2021/12/20の黒倉の田んぼの様子。


12/26 - 1/12の積雪量

この期間から一気に雪が積もっていく。12/26では66cmに増えた積雪量が、ピークの1/1には173cmまで増えていく。

地域の除雪隊である助っ人隊が本格的に出始め、雪掘りも始まるようになる。


雪国の除雪作業 豪雪地帯ではどのように除雪を行っているのか

続きを見る


2021/12/30 屋根の雪掘りを開始。


2021/12/31 玄関前が雪で埋まる。 黒倉助っ人隊除雪作風景。


2022/1/1 黒倉の共同作業所が一気に雪で埋まり始める。


除雪作業が本格的に始まる一方で、松之山黒倉は一面銀世界に変わっていく。スノーシューなどで探検するには最高の時間だった。


2022/1/1 棚田一面が美しい銀世界に変化。



神社も鳥居が埋まっていき、まさに厳冬期というような印象を与えてくれる。



2022/1/5 神社の鳥居も埋まっていく。


この時期から雪板でパウダーを攻めるのに良いコンディションになってくる。特に松之山は中山間地で棚田もそこらじゅうにあり、スノーシューで探検しながら雪板で滑るには最高の環境だ。徐々に大雪のおかげで松之山は雪の遊び場へと変化していく。


雪板とは? どこでも気軽に楽しめる雪国の遊び

続きを見る

中山間地域とは何か 定義と役割

続きを見る



2022/1/6 雪板遊びのためにスノーシューで裏山へ。絶好の雪板日和となった。


2022/1/8「大地の芸術祭」の黒倉の作品の舞台となるつんねの家もだいぶ雪でうもりはじめる。雪掘りが始まる。


1/13 - 1/31の積雪量

1/13 - 1/31になると積雪量も200cmに突入。観測上では1/18と1/21にピークとなる260cmに到達する。


2022/1/14 ついに200cmを突破。雪の壁が大分高く見えるようになってきた。


2022/1/23「大地の芸術祭」の黒倉の作品の舞台となるつんねの家の雪掘り2回目。すでに雪が二階部分にまで到達。


2/1 - 2/15の積雪


2月の前半は降雪量がグッと増え、積雪量も3m台に。2月5日には降雪量が91cmを記録した。


2022年2月6日の大雪が続いた日の早朝。スキーで早朝のパウダーを狙いに車で外出を試みるも、道路に雪が積もりすぎたために断念。除雪車が出動するまで外出を待った。


2022年2月6日の大雪が続いた日の早朝。スキーで早朝のパウダーを狙いに車で外出を試みるも、道路に雪が積もりすぎたために断念。除雪車が出動するまで外出を待った。


2月6日の除雪車が通った後の道路。


2月8日 雪に埋もれる家々


黒倉の住宅の雪掘り後、家の周りをブルドーザーで固める。


つんねの家の雪掘り3回め。もはや梯子なしでも天井に登れそう。


雪掘り後


電柱の1/3ぐらいの位置まで到達


2/16 - 2/28の積雪


2月の後半にまとまった降雪があり、ついに積雪も2/24に4mに到達。


2/23撮影。2/24の観測結果ではついに4mについに到達。


2/24の雪庇落としの様子


2/24の雪庇落としの様子


3月の積雪


3月はまとまった降雪もなく、どんどん雪が減っていく。また、ユンボなどで雪の掘り出しなど、各場所で除雪作業も開始するようになる。


共同作業所の苗代場所の除雪



3/28の除雪の様子。


地面も少しずつ出始め、ふきのとうが見え始め、春の訪れを感じさせてくれる。


3/17 地面が見え始める


3/11 ふきのとうもちらほら見え始める


4月の積雪


4月も積雪はなく、5月に入る頃にはほとんど雪が消える状態まで雪がなくなった。

4月に入ると田んぼの作業も始まり、雪が残る中、苗を育てるための準備が始まった。



2022/4/17 雪が周りに少し残る中、田んぼの苗出し作業が始まる


2022/4/19 桜も黒倉で咲き、春の様相をみせる


4月は温度の寒暖差が激しく、霧が頻繁に発生した



なぜそもそも大雪が降るのか?

大雪になる原因として、三つのポイントがある。

  1. 季節風
  2. 対馬海流の海水気温
  3. 日本の独特な脊梁山脈の地形

詳しくはこちらにまとめた。


大雪の原因 なぜ日本海側では雪が沢山降るのか

続きを見る


データ詳細

2021 - 2022年の日毎の積雪を下記に表でまとめた。降雪深は1日に降った雪の量。積雪深はその日の時点で溜まっている積雪の深さ。



日付降雪量積雪量
2021/11/263
2021/11/2743
2021/11/28-5
2021/11/29-2
2021/11/30-2
2021/12/01100
2021/12/02010
2021/12/03-7
2021/12/0474
2021/12/05-8
2021/12/06-6
2021/12/07-2
2021/12/08-0
2021/12/09--
2021/12/10--
2021/12/11--
2021/12/123-
2021/12/1323
2021/12/14-2
2021/12/15-0
2021/12/16--
2021/12/1720-
2021/12/18820
2021/12/192627
2021/12/20-50
2021/12/21035
2021/12/22028
2021/12/23-26
2021/12/24024
2021/12/254819
2021/12/262566
2021/12/274780
2021/12/2822107
2021/12/290113
2021/12/3084102
2021/12/3143170
2022/01/0113173
2022/01/0216162
2022/01/035163
2022/01/0455149
2022/01/0515170
2022/01/0610165
2022/01/0713163
2022/01/08-170
2022/01/09-163
2022/01/10-146
2022/01/1125137
2022/01/1255153
2022/01/1372185
2022/01/1420233
2022/01/150225
2022/01/1613212
2022/01/1756219
2022/01/188260
2022/01/1916248
2022/01/2034240
2022/01/2117260
2022/01/22-247
2022/01/231238
2022/01/240225
2022/01/250222
2022/01/2610218
2022/01/279220
2022/01/2828223
2022/01/2926240
2022/01/3015251
2022/01/3133257
2022/02/0117270
2022/02/0210268
2022/02/0334268
2022/02/0435283
2022/02/0591295
2022/02/0641345
2022/02/0717350
2022/02/084341
2022/02/090328
2022/02/1012307
2022/02/110312
2022/02/12-305
2022/02/132296
2022/02/14-292
2022/02/151283
2022/02/168277
2022/02/1719280
2022/02/1817290
2022/02/191296
2022/02/2048285
2022/02/2141320
2022/02/2278345
2022/02/2354390
2022/02/241412
2022/02/25-390
2022/02/26-369
2022/02/270346
2022/02/28-337
2022/03/010331
2022/03/02-315
2022/03/032305
2022/03/04-304
2022/03/0510297
2022/03/0628304
2022/03/070328
2022/03/08-318
2022/03/09-305
2022/03/10-300
2022/03/11-298
2022/03/12-294
2022/03/13-290
2022/03/14-278
2022/03/15-273
2022/03/16-267
2022/03/170260
2022/03/18-258
2022/03/193255
2022/03/200254
2022/03/210254
2022/03/222252
2022/03/23-254
2022/03/24-252
2022/03/25-242
2022/03/26-239
2022/03/27-230
2022/03/28-222
2022/03/29-216
2022/03/30-210
2022/03/31-202
2022/04/01-199
2022/04/02-195
2022/04/03-190
2022/04/04-185
2022/04/05-179
2022/04/06-168
2022/04/07-160
2022/04/08-155
2022/04/09-149
2022/04/10-140
2022/04/11-132
2022/04/12-123
2022/04/13-115
2022/04/14-102
2022/04/15-93
2022/04/16-88
2022/04/17-85
2022/04/18-80
2022/04/19-76
2022/04/20-68
2022/04/21-59
2022/04/22-50
2022/04/23-44
2022/04/24-40
2022/04/25-35
2022/04/26-26
2022/04/27-12
2022/04/28-6
2022/04/29-2
2022/04/30-
十日町市市役所「令和3〜4年冬の雪情報」より。観測場所は松之山主観測所(松之山支所庁舎)標高:360m




Related posts