Snow

フリースタイル、フリーライドに特化したスキー板のおすすめブランド7選

2020-04-13

フリースキーのオススメのブランドは何があるの?

そんな疑問にお答えします。


ここでは、特にフリースキー・フリーライドスキーに特化したブランドをお伝えする。

他にも従来のアルペンスキー・レーシングスキーブランドが出しているフリースキーも多数あるので、その紹介はまた別の機会にしたい。

1.ARMADA

https://www.armadaskis.com/en-us

フリースキーといえばARMADAという人も多いのでは。ARMADAはフリースキーの分野を切り開いた草分け的存在。

2000年初頭まで、スキーは様々な形に変化したが、依然としてアルペンスキーの域を超えることはなかった。

そんな中、当時劇的に進化していた、スノーボード、スケートボード、サーフィンにインスパイアされ、JPオークレアや、タナーホールなど、初期のクリエイティブなスキーヤーが集まって結成されたのがARMADAだ。

"Armada. What skiing will become.” をビジョンに掲げ、フリースキーのレベルを押し上げるリーダー的ブランド。

THIS IS ARMADA

2.LINE SKIS

https://lineskis.com/en-jp

LINE SKISはK2 sportsが所有している、フリースキー専門のブランド。

スキーヤー兼アーティストのエリック・ポーランドによるアーティスティックなスキーデザインや、世界中を旅しながらスキーをするメディア「LINE TRAVELING CIRCUS」など、ARMADAとはまた違ったコンテンツを持つ。プロスキーヤーのトム・ウォーリッシュによる活躍も目覚ましい。

LINE TRAVELING CIRCUSのエピソードの一つ。日本トリップで、2013年に公開されている。

3.FACTION

https://jp.factionskis.com/

こちらはスイスから生まれた、フリースキー、フリーライドスキー専用ブランド。

FACTION所属のプロスキーヤー、Candide Thovexの動画は一度は見たことある人もいるかもしれない。

テレビでも紹介されていた。

4.ICELANTIC

https://icelanticskis.jp/

アスペン、ベイル、ブリッケンリッジ、キーストンなど有名スキーリゾートが連なるロッキー山脈。その麓にあるコロラド州の州都デンバーで生まれたフリーライドスキーブランド。

デザインがとても特徴的。また、地元経済への貢献や、職人たちと彼らのスキルに敬意を表するため、 Made in the USA にこだわり続けている。

JAPAN TEAMのブログもよく更新されている。ツールレビューや、スキー情報などが満載で面白い。

5.4FRNT

https://4frnt.com/

2002年にフリースキーヤーであるマット・ベンツが立ち上げた米国発のフリースキーブランド。

6.blackcrows

https://www.hasco.co.jp/black-crows

2006年にプロ・フリースキーヤーであるCamille Jaccoux(カミーユ・ジャック)とBruno Compagnet(ブルーノ・コンパーニュ)によって設立されたフリースキーブランド。

フランス・シャモニーを拠点としている。

7.dps

https://www.dpsskis.com/

2005年に設立されたフリースキーブランド。ベースはアメリカのソルトレイクシティ。

世界で初めて純粋なプリプレグカーボンファイバーサンドイッチスキーを発表するなど、先進的な技術、質の高いスキーとして名高い。

まとめ

他にもまだまだフリースキーブランドはあるが、今回は7つのブランドを紹介した。

もちろん従来のアルペンスキー・レーシングスキーブランドが出しているフリースキーも多数存在する。

これからも進化していくスキーギアに要注目。

-Snow

Copyright© Snow Notes , 2020 All Rights Reserved.