浸種 (しんしゅ) :種籾に水分を吸収させる作業

稲作の準備の第一歩として、種籾の浸種(しんしゅ)という作業が行われる。種籾(たねもみ)が発芽するために必要な水分を吸収させる訳だが、ここではその手順について見ていく。


浸種とは

浸種(しんしゅ)とは種籾(たねもみ)が発芽するために必要な水分を吸収させる作業のことを言う。


浸種の手順

黒倉生産組合では以下のように準備を行っている。

  1. 断熱材・ブルーシートなどで土台作り
  2. 水を入れる
  3. 温度調整
  4. 種籾を浸していく
  5. 3日に1度ほどのペースで水交換(継続)


浸種の方法

現在お手伝いさせている黒倉生産組合では、種籾を水温調節した水につけ、水交換をしながら浸していく。水を溜めておく土台も温度をキープするため、断熱材にブルーシートを敷き、その中に水を貯めるという流れで行なっている。作業は、断熱材とブルーシートで土台作りから始まる。


断熱材で土台組み立て


ブルーシートを敷く


土台を作ったら水の温度を調整。調整後に浸種を開始する。黒倉生産組合では初回の浸種のみ17.5度で温度を設定し、2回目からは15度で温度調整を行なっている。


浸種開始


3日毎に、酸欠対策のために水交換の作業を行う。別の種籾の入れる土台も作っておき、温度調整した水をあらかじめ入れておく。


水交換。水温度が調整されている隣の土台に種籾の入った袋を移し替える。


浸している間は水の温度を一定に保つためにシートを敷いておく。


保温のためにシートを被せる。


浸種の注意点

浸種の作業中は水交換や水温管理など注意すべき点がある。


水交換

浸種すると籾から糖分等が水に溶け出し、水が腐敗しやすくなり水中酸素も欠乏する。(1)なので黒倉生産組合の2022年の浸種作業では、3日に1度、水を交換するスケジュールを組み立てた。


浸種の時の水温

黒倉生産組合では初回の浸種のみ17.5度で温度を設定し、2回目からは15度で温度調整を行なっている。


稲作の作業の流れ

浸種の作業を終え、種籾に水分を吸収させた後は、次は催芽の作業になる。


種籾の催芽:種籾の芽出し作業の役割や手順を整理する

稲作の準備で浸種(しんしゅ)が終わると次は種籾の催芽作業が始まる。種籾の芽出し作業の役割や手順について見ていく。

続きを見る


稲作作業の全体の流れはこちら。


稲作の手順 :お米作りの一年の流れを整理する

日本の食には欠かせないお米。稲作は日本古来から行なわれ、稲作から日本の文化も多く生まれた。ここではお米づくりの一年の流れと稲作の手順を紹介する。

続きを見る



参照:
 (1) 大阪府立環境農林水産総合研究所


関連記事

関連トピック

#    #    #    #    #    #    #    #