田んぼの面積:a・ha・一歩・一畝・一反・一町の広さはどのくらいなのか

食と自然を学ぶ

田んぼで大きさの話をする時、聞きなれない単位を使うことが多いので、整理する。


メートル法と尺貫法

そもそも田んぼの面積を話す時は、メートル法と尺貫法の単位が出てくる。a(アール)やha(ヘクタール)は「メートル法」とよばれる単位の一つであり、一歩・一畝・一反・一町などは尺貫法の単位の一つだ。


メートル法:a(アール)やha(ヘクタール)はどのくらいの大きさ?

アールやヘクタールは「メートル法」の単位の一つとされる。

1アールは、100平方メートルになる。(例)10m×10mの広さ

1ヘクタールは、10000平方メートルになる。(例)100m×100mの広さ。



1aの田んぼで大人一人分の1年間分の収穫量

NHK for Schoolによれば、1aの田んぼで大人一人分の1年間分の収穫量が取れるという。大人一人が年間で食べるお米の量はおよそ60kgであり、田んぼ1aあたりで1700株の稲ができる。1株35gほどできるため、1700株×35g = 59,500g (大体60kg)となる。


尺貫法:一歩・一畝・一反・一町はどのくらいの大きさ?

一歩・一畝・一反・一町といった呼び方は「尺貫法」と呼ばれる。先程のa/haの単位も含めて下記に表で大きさをまとめた。


m² a(アール) ha(ヘクタール) 坪(つぼ) 歩(ぶ) 畝(せ) 反(たん) 町(ちょう)
1歩(ぶ) 3.3058m² 1坪 - 0.0102畝 0.0011反 0.0002町
1畝(せ) 99.174m² 1a - 30坪 30歩 - 0.1反 0.01町
1反(たん) 991.74m² 10a 0.1ha 300坪 300歩 10畝 - 0.1町
1町(ちょう) 9917.4m² 100a 1ha 3000坪 3000歩 100畝 10反 -


それぞれの単位を詳しくみていく。


1畝の面積

1畝の面積はどのくらいだろうか。1畝を基準に広さを比較する。


m² a(アール) ha(ヘクタール) 坪(つぼ)
1畝(せ) 99.174m² 1a - 30坪


1畝の面積の広さを具体例で挙げると、

  • 6畳の和室(約10平方メートル)の10部屋分
  • シングルのテニスコート(縦23.77m、横8.23m) の片面の大きさ

ぐらいの大きさが挙げられる。


1反の面積

田んぼの一反の面積はどのくらいか。一反を基準に広さを比較する。


m² a(アール) ha(ヘクタール) 坪(つぼ) 歩(ぶ) 畝(せ)
1反(たん) 991.74m² 10a 0.1ha 300坪 300歩 10畝


1反の広さを具体例で挙げると、

  • シングルのテニスコート(縦23.77m、横8.23m) の約5個分
  • バスケットボールコート(縦28m、横15m) の2.5個分

ぐらいの大きさが挙げられる。

農林水産省は「水稲の10a当たり平年収量」という資料を出していて、田んぼの一反の面積を収量の計測の基準にしていることがわかる。ちなみに令和3年資料によると、10a当たり平年収量は全国で535kgとなっている。


1町の面積

田んぼでいう1町歩はどのくらいか。1町の面積を基準に広さを比較する。


m² a(アール) ha(ヘクタール) 坪(つぼ) 歩(ぶ) 畝(せ) 反(たん) 町(ちょう)
1町(ちょう) 9917.4m² 100a 1ha 3000坪 3000歩 100畝 10反 -


一町はアールに直すと100アールになる。一町の広さを具体例で挙げると、

  • サッカーコート(縦105m、横68m) の約1.4個分

ぐらいの大きさが挙げられる。


税のために面積の計測は重要だった

はるか昔からお米は税金として扱われていたため、どれぐらいの土地でどのくらいの収穫量があると把握することはとても重要であった。生産量向上の指標という意味でも、面積を測り、その面積に応じた収穫量を知ることは重要だったと言える。


稲作の歴史 お米からみた日本の成り立ち

続きを見る



関連記事

関連トピック

#    #    #    #    #    #