大雪の原因 なぜ日本海側では雪が沢山降るのか

雪遊び

日本は国土の大部分は中緯度の温帯気候であるにもかかわらず、世界でも有数の「豪雪国」として知られる。なぜ日本には大雪が降るのだろうか。


大雪になる原因

大雪になる原因として、三つのポイントがある。

  1. 季節風
  2. 対馬海流の海水気温
  3. 日本の独特な脊梁山脈の地形


季節風

一つ目のポイントに、季節風がある。

空気は気圧の高いところから低いところへ流れる性質がある。冬になると西高東低の気圧配置になるので、ロシアや中国などの寒い地域から冷たい空気が流れてくる。

すると日本はこの冷たい空気によって寒くなる。



また、この季節風がJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)という収束帯を作り出し、大雪をもたらす原因の一つになっていることもわかっている。

朝鮮半島の北部にある長白山脈によって季節風が2つに分かれ、日本海の上空で合流して雲が発達していく。



対馬海流の海水気温

二つ目のポイントに対馬海流の海水気温が挙げられる。

海の流れに注目すると、対馬海流と呼ばれるとても暖かい海流が北に向かって流れていることが分かる。

こうした海流は冬の気温に比べると暖かいため、たくさんの水蒸気が発生し、雲となって空に登っていく。この雲を、先ほど説明した季節風が日本列島へ運ぶ。



日本の独特な脊梁山脈の地形

温かい海流から沢山の水蒸気が発生して雲となり、季節風で日本列島まで運ばれるが、この運ばれた雲が、日本の脊梁山脈にぶつかってさらに上昇し、大量の雪雲に変化する。

この雪雲が日本海側の山間部や平野部で雪となって降り積もる。



どのエリアに雪が多いのか

まずどのエリアが降雪が多いのかを知るためには、国土交通省が認定している豪雪地域をみると分かりやすい。

豪雪地帯とは積雪量が多いために経済や生活においてサポートが必要な地域を豪雪地帯という。その豪雪地帯のエリアを見てみると、ほとんどが日本海側に位置している。



さきほど運ばれた雲が、日本の脊梁山脈にぶつかってさらに上昇して大量の雪雲に変化することを説明したが、この長く延びる脊梁山脈により本州は日本海側と太平洋側に分けられてもいるため、日本海側と太平洋側で天気は大きく異なる。



そもそも山はどのようにしてできるのだろうか。山の成り立ちには「プレートテクトニクス理論」という山の成り立ちの他にも地震や火山活動、大陸の移動などが説明できる理論が深く関わっている。

山の成り立ち 山はどのようにしてできるのか

続きを見る


大雪と日本の文化

日本では大雪が降る為に、様々なユニークな文化ができている。


世界が注目するパウダースノー

日本の雪質は海外から注目され、世界中からパウダースノーを楽しみにスキーヤーやスノーボーダーが日本に訪れている。JAPAN+POWDERを掛け合わせたJAPOWという言葉も生まれている。日本の雪は世界でもブランド化しつつある。


欧米豪から外国人スキー客が日本に来る理由

続きを見る

パウダースノー・ツリーランが楽しめる長野のスキー場6選 |フリーライドをもっと楽しむ

続きを見る

パウダースノー・ツリーランが楽しめる新潟のスキー場6選 |フリーライドをもっと楽しむ

続きを見る


雪国の保存食文化

大雪が降る為に、雪国では雪に閉ざされて農作業ができないため、農作物も取ることができなかった。収穫が望めない冬も生き延びるために、保存食として漬物などの発酵食が発展していく。


発酵まとめ 発酵の基本的な情報や雪国文化との関係性

続きを見る


雪国の除雪

豪雪地帯の地域では、除雪をしなければ車が道路上でスタックしてしまったり、屋根が重みで潰れてしまうなど、様々な被害が生まれる。そのため生活を維持するために日々の除雪はとても重要になる。


雪国の除雪作業 豪雪地帯ではどのように除雪を行っているのか

続きを見る

世界有数の豪雪地帯、新潟県十日町市松之山の積雪量・降雪量を写真で振り返る

続きを見る



関連記事

関連トピック

#    #    #    #    #    #    #